嘘つきドルフィンツアーinパジェ~夜中のブレスレット盗難事件

2019-05-22

昨晩も豪雨に見舞われ

雨が降ったりやんだり

宿は

おしゃれなコテージ風のつくりの

2階に泊まっていたけど

 

部屋の壁や

屋根はバナナの葉?かなんかで編んだもの。

 

 

まぁ雨漏りはしなかったものの、

 

現在雨期のせいか蚊がすごすぎて

 

 

私たちは

蚊帳に入ってましたが、

 

ベットとの隙間から入ったのか

 

夜中中蚊に悩まされました

 

でも

りょーけんは頭までシーツを被り逃れた様子

 

 

あかねもシーツを被っていたけど

 

暑がりのせいでいつの間にか

出ちゃっていて

噛まれて痒くて起きて

の繰り返し。

 

 

本来なら蚊を一瞬で

殺すスプレーと

虫除けを持っているのに

 

 

なんと荷物を軽くしてきたせいで

ストーンタウンの宿に忘れてきたあかね

 

なにやってんだ

 

結果あかねはまったく眠れず。

 

 

朝起きたら

 

蚊からよく好かれるあかねは

 

3箇所、首2箇所も噛まれてる。。

 

 

しかも右目のまぶたを噛まれたせいで目が誰かに殴られたような

無様な顔。。

 

もうさいあく。

 

マラリアにもなる可能性あるから注意しないといけないのに

 

 

しかも外は小ぶりではあるが雨。。。

 

絶対天気悪いやーん。

 

なんとなく肌寒いし。。

 

昨日ドルフィンツアーを予約したけど

ぜったい

イルカと泳げへん😭

とテンションさがる。

 

 

 

しかも帽子をかぶろうとした時

 

昨日帽子のなかに入れておいたはずのヒンバ族から買ったブレスレットが1つ足りない。

 

 

りょーけんに知らないか聞くも

触ってないと話す。

 

 

でも確かにシャワーの前に外して寝る前に

無くさないように帽子の中にいれたんだけどなぁぁぁぁ

 

 

この旅中、りょーけんからもらった

ブレスレットにピアスも無くして

なくし物落し物、盗まれたものが多いあかねは

自分が情けなくて落ち込む。。

なんでこんなに無くすんだよ〜涙

(今回のブレスレット事件の犯人はこの夜判明します)

 

 

テンションだだ下がりのなか

待っている間部屋の隅から隅、

カバンの中も探したけど出てこず。

 

 

さて、ドルフィンツアーの迎えを5時から待っているが来ない。

 

 

まぁ来なかったら来なかったでもうドルフィンツアーは行かないでいーね。

 

その分違うことで楽しもう!

と話していると535分くらいに車のエンジン音がし、

 

宿のゲートをノックする音が。

 

 

あ!!きた!!

 

急いで宿を出るとそこには

 

大きめの車。

 

昨日のキャンプテンジャックスパローのほかに2人の現地人。

 

 

 

あれ、フランス人は?

 

と聞くと

 

 

:宿に行ったけどノックしても出てこなかった。

ねてるんだ。

 

 

と。

ほんとか??

 

デポジット払ってるのに寝坊とかあるか?

 

これもやっぱり嘘か?

 

と話すがまぁフランス人いないくらいいーか。

と車にのると

 

 

:フランス人いないから今日のツアーは君たち2人だけだ。

これじゃ元が取れないから釣りはやめて

ドルフィンだけにするよ。

 

ドルフィンツアーで$60だ。

 

 

は????

なにそれ。

 

いや、フランス人のドタキャンは私らのせいじゃないし。

 

しかも釣り無しはいーけど、なんで無しで同じ値段やねん。

 

意味わからんとキレ出す私達。

 

 

ドルフィンツアーだけなら$50だろ。

その値段ならキャンセルだ。降りる。

 

呆れた顔で他の現知人と私達の分からないスワヒリ語で話した後

わかった$50…

 

と諦めた様子で車は重い雰囲気のなか再度走り出す。

 

 

なんだよ結局嘘つきじゃん。

腹立つわー

と怒るあかね

 

まぁドルフィンいけるならいーんじゃない。

50なら相場くらいだし。

と冷静なりょーけん。

 

街の中心に来たところで急に車が止まり

なんだと思ったら

キャプテンジャックスパローが

 

デポジットを引いた残りのお金を今払えと言い出す。

 

なんで今??

 

すると彼はここで車を降りて残りのふたりがツアーに案内するからと話す。

 

どうなってんだ?

なんか怪しくない??

 

みんなお金はツアー終わってから払ったっていってたよ。とあかね。

 

んー。とふたりで渋ってる間

 

 

:もう君らは私の家も知ってるだろ?

 

ドルフィンツアーは間違いなく行くしドルフィンもみれる。

 

見れなかったら半額返すよ。本当だ。

と必死で行ってくる。

 

どうする??と悩み

 

半額返されない可能性を考え

この会話を録音しておく。

 

まぁ払っていいんじゃない。

ツアーはいけるだろうし。

とりょーけん。

 

あかねはなんか乗り気になれなかったけど

仕方なく支払う。

 

 

あぁーなんかすっきりしないな。

と思いながらキャプテンジャックスパローが降りたあと車は南のほうへ。

雨も降ってるし。

絶対太陽出ないから寒いし。

 

これでイルカ見れなかったら最悪だー

とまたテンションさがる。

 

でももう払っちゃったしあとは楽しむしかないよ!と言うりょーけんにつられ

とりあえずテンションあげる。

 

車は予定通り30分ほどで

ビーチに到着。

しかし迎えぎ遅れたのと支払いでもめたので

この時すでに6時半頃。

 

あと2人一緒にボートに乗るから

ちょっとだけまって。

といわれビーチで待つ。

 

西洋人らしき人たちも順番に到着し

ツアーを組んであったのか

次々ボートに乗って行くなか

 

私達は風が吹く太陽の出ていない荒れている海を眺め

 

ほんとにイルカいるかな〜

と水着になる気にもなれず待つ。

 

 

待つこと30分くらい。

ガイド?車に一緒にいた少年がベンチの横に腰掛け

 

突然

 

2人の乗客が来ない。4人で船に乗るはずだったけど2人になるからキャプテンが1Tsh5000ずつ支払ってと言ってる。」

 

 

は???

まじで意味わかんねー

 

その乗客乗らないのも私らのせいじゃないし。誰がそんなの払うか。

そもそもお前らがうそつきすぎる。

 

払うくらいならもうツアーはいいよ。船に乗らないからPajeに連れて帰って。

って怒りをあらわに伝えると

 

この少年はかなり若者で

 

困った顔(見た感じ上のやつに言わされた感があってむしろ可愛そうだった。)をしてたけど、そんなの関係ない。

 

 

とはっきり伝えた。

 

 

待って。キャプテンに言ってくる

 

とトボトボ戻っていく少年。

 

戻ってきて

 

大丈夫。払わなくていーよ。

 

と。そりゃそーだろ。

 

ひと段落したところで

ようやくシュノーケルが配られる。

カビの生えた汚いやつ。

 

 

もうイルカと泳げるならどーでもいいや。

やっとボートも準備され

 

となりのツアーは雨なのでボートに屋根をつけてもらってたけど

屋根もないボートで出発。

 

しかも車にいた2人はビーチで待機。

 

ボートを運転するのは別のやつ。

 

 

名前を名乗ることもなく誰だかわかんないおっさんとツアー開始。

まぁ幸い雨は止んでいて

かろうじで朝日がみえた。

 

若干荒波のなかボートは進む。

この辺がドルフィンがいる場所だ。

 

確かに他のボートも何隻かみえる。

 

でもイルカは見当たらない。

 

目を凝らすけど荒波で波なのかヒレなのかわからない。

 

 

しかもかなり寒いしできれば本当にイルカがいたとき以外飛び込みたくない。。

んー。

いない。

 

船はいろんなところをぐるぐるするがいない。

 

他のボートともすれ違うけど

誰も泳いでなさそう。

 

 

気づいたらビーチの方に戻ってきていた。

船を運転していたガイドが

今日はイルカいないなー

きっと深いところにいるんだ。

 

 

もうこの時には寒すぎて体の芯まで冷えていてむしろイルカより若干帰りたかった私達。

しかもまだ他のボートはイルカ探し中なのに

 

 

私達はビーチで1時間以上待たされ最後に出発したのにたった1時間でみんなより早く帰ってきた。

 

 

もうこの時には怒りというか

ふたりとも呆れたし疲れたし

どーでもよくなった。

 

この時期多分イルカはいないと思う。

 

後からインスタで

以前ザンジバルに行ったことのあるフォロワーさんからたくさんメッセージを慰めの頂きました。有難うございます!

 

 

そこで

イルカがみれる時期なのかもしっかり聞くべきとおっしゃっていたので

それも大事です。

 

 

見れなかった人もblogで読んだけど時期問わずいると思い込んでいた私達。

 

 

まぁアマゾンでピンクイルカと泳いだことあるし、

ハワイとかアジアにも泳げるとこあるし。

 

 

あーこんなことなら

スパイスツアーとか絶対いけるツアーにお金かければよかったと後悔しつつ。

 

 

ビーチに戻ると行きの車に行きと同じふたりが待っていて

乗り込むとすぐに出発。

 

 

はぁ。。

まぁイルカがみれなかったのは

自然現象あくまで運もあるしいーけど

こいつらほんとクソだなー

 

 

と思いながら

ふとイルカが見れなかったら半額返金を思い出す。

 

返金されたら$25だけど贅沢できるし

美味しいものでも食べるか!

 

 

とポジティブにいこうとおもうがそもそも

それを言っていた本人

キャプテンジャックスパローはここにはいない。

 

 

この2人に言ったところで払ってくれるか?

ふたりは聞いていただろうし一応録音したものもあるから証拠はあるけど。

 

どのタイミングで言うかなやみ

途中で車を降ろされても困るから

 

Pajeまでは我慢。

 

 

宿に着く前に

突然車が止まり助手席の少年が降り違う男が乗ってきた。

 

くっそーあの少年なら話通じそうだったのに。

 

この運転手にいうしかなくなった。

と考えていることも知らず

 

 

乗ってきた男は空気を読まず

イルカツアーとフィッシングは楽しかったかー?と陽気に話してくる。

 

イライラを我慢して

宿に着いたので

 

 

いざ半額返金についていってみると

案の定。

後から乗ってきた男

 

「そんなこと誰が言ったんだ?

俺じゃないから俺に言われてもしらないよ。」

 

まぁそりゃそうだ。

でも自分らビジネスパートナーだろ?

 

と話すが

知らないの一点張り。

 

 

なら、キャプテンジャックスパローの家に私らを連れて行ってくれと話すと

 

「勘弁してくれ、今から次のお客のとこ行くのに

時間がないんだ。もうすでに遅刻していて今すぐ行かないといけない」

 

 

知ったことか。

と思いながら

もういいや。

 

あの家に直接いこう。と話し

怒り爆発させて

 

日本語で文句を言ってドアを思っ切りしめて降りた。

どうする?ほんとに家いく?

 

 

と言いながらとりあえず天気がよさそうなので

ドロ之助(ドローンです)を連れてビーチへ行くことに。

 

 

 

朝の10時?くらいなので

ちょうど干潮で海がめっちゃ遠い。

 

風も少ないのでドロ之助で遊んで

上から撮影。

 

 

さっきの南のビーチより断然綺麗でした。

 

ザンジバルに来てから

初日にマーケットでぼったくられ、

もうこりごりだと思って

対策していたにも関わらず

今回のこれ。

 

 

ふたりともモヤモヤしていて

テンション低い。

んー、気が向かないけど

あいつの家近いし通ってみるか。

 

 

ていっても前は適当に歩いてたからどこかはっきり覚えてないけど。

と歩いてると簡単に見つかった!!

 

でも誰もおらず留守。

だよねー。

もうわざわざくるのも面倒だし

会ったら言ってやりたいことはいっぱいあるけど

 

もうお金はどうでもいっか。

 

ツアー代だし。

 

ってなり帰ることに。

 

 

 

 

初日以来マーケットや屋台など外食は懲り懲りなので

スーパーで買い出しし

 

宿に戻っていると

美味しそうなパンの匂い♡たべたい!

 

 

と店に入りますが

 

あと30分で焼けるから待ってっと

お兄さんにいわれ

 

疲れていたので

マンゴーだけ買って諦めて宿へ帰りました。

久々の晴天でかなり汗をかいた私達。

 

 

すぐ近くにビーチがあるのに

宿のプールが深くて綺麗で貸切だったので

思わずだーいぶ!

 

 

 

ドルフィンのために水着着てたのに

結局泳がずプールではじめて泳ぐという。笑

めちゃ気持ちよかった!

 

 

 

 

ただ泳いで遊んでたら

カラスにマンゴーつつかれてて

ネズミの次はカラスかーい!

 

って必死で追いやったら無事でした。

 

 

 

写真撮り忘れたけど

あかねの顔よりおっきいマンゴーがTsh2000(95円)!

マンゴーの時期ではないみたいで

 

甘くなくて酸っぱいのが多くて残念。

 

 

早くお腹いっぱい毎日マンゴーが食べれる国に行きたいよぉぉ

 

午後からは

 

疲れたのでお昼寝して自炊して

wifiさくさくなのでネットサーフィンしたり

 

調べものして。

 

 

今後のルートや一時帰国のことも考えたり。

 

 

 

そしてザンジバルに期待して

滞在期間1週間にしていたためまだ後4日ある。。

けどもう篭ることにしました笑

 

 

いこうと思えば歩いてビーチにいけるし。

これ以上こんなザンジバル人にお金落としたくない。

 

夕方になってお腹がすいて

さっきのパン屋さんに行ったら

焼きたてパンがいっぱい

ザンジバルパンという金の延べ棒みたいな形のパンとふっわふわパンの詰め合わせ買ったら

 

 

 

パン屋のお兄さんが

おまけ!って値段の端数切ってくれた。

 

思わずありったけの小銭渡そうとしたけど受け取ってもらえず。

 

 

アフリカでは計算弱いからお釣り間違う人も多いし、お釣り返してくれへんこともあるのに。

 

しかもこのパン屋ちゃんと値段表も貼ってたし。値段も安い!

 

こんな良い人もいるのにさ。

 

 

みんながみんな悪い人じゃないとは知ってるけど

そういう観光客を騙すやつがいることでザンジバルのイメージが悪くなるってこと、

 

 

ちゃんと働いてる人にも迷惑がかかることわかってほしいなぁ。

 

この金の延べ棒が美味しすぎた!!!

 

結果翌日も買いました。笑

 

 

 

夜中の物音。

 

ブレスレット盗難の犯人

ちなみにこの夜。

 

昨日の蚊による睡眠障害に勝つべく

 

あかねは蚊帳とベッドの隙間を埋め、

スーパーで200円程で購入した虫除けを塗り

徹底的に対策して寝ました。

 

お陰で出入りするときに12匹入ってくることはありましたが

すぐに退治。

 

 

蚊を追いかけて

お陰で夜は快適に眠れた

とおもいきや!!!

 

 

夜中いつものように豪雨になると

騒がしくなりますが

 

 

嵐が去った後、静かな部屋で

カサカサとスーパーの袋の音がして

目が覚めたあかね。

 

 

ん??

風?

気のせいかな

と寝ようとすると

 

 

またガサガサと。

ん!

なんかいる!

 

 

携帯のライトで蚊帳の中から照らすと

そこにはリス?ネズミ?なにか生き物が!!

 

びっくりしすぎて

りょーけんを起こす!!!

 

目をこすりながらりょーけんと観察。

 

みるとパンの入った袋を漁ってる!!

 

 

やめろーーーーー

 

 

すぐにりょーけんが出て行きペットボトルを投げて脅かすと

藁でできた壁の隙間に早々と隠れたネズミ。

 

パンにかじられたあとがあった涙

他にはなんか取られてないかな?

 

ご飯ものはこれしかないし。

 

とパンだけ蚊帳の中に避難させ

床についた。

 

私は安心してウトウトしてたけど

 

りょーけんが物音をたてて

ネズミを追い出してる音で起きた。笑

 

すると次は石鹸の入った袋を持ちだそうとしている!!

 

 

 

結果石鹸は持っていかれました。

 

翌日宿のオーナーさんに聞いたらどうやらここのネズミは石鹸好きらしい。

 

パンと石鹸だけならまだしも。

朝明るくなって

 

 

一通り荷物が無くなってないか

荷物をチェックすると

ん???

床に見覚えのあるビーズが転がっているのを

あかねが発見。

 

 

拾うと

これはヒンバ族から買ったビーズのブレスレットのビーズ!!!

でもそれ以外他のパーツは見当たらない。。

 

これはちぎれたとか落ちたとかじゃない!!

あのネズミかーーーーー涙

 

てことはここにきた初日の夜にもネズミが来て

持っていったのか!

 

完全に大雨と暴風の音で物音すら聞こえず気づかなかった。。。

どうやらもうひとつ見覚えのあるものが!

 

自炊食材のなかのコンソメの1つに

歯型のようなものがあって

 

りょーけんに昨日これなんかにあたってかけた??

って聞いたやつ!!

 

 

ネズミ??

 

って自炊食材の入ってる袋をみると

案の定。穴があった。

 

完全にかじった跡。

それ以上被害はなかったですが

この宿に泊まる際は虫除け、蚊対策と

ネズミ対策をお忘れなく。

 

 

それ以外は快適なおすすめ宿です!!

 

ほんと散々な一日。

 

そしてまだ4日あるけどザンジバルが好きじゃないと確信したふたりでした。

 

ι(`・-・´)/ ブログランキング参加中!!!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 最期まで読んで頂き、本当にありがとうございます^^ 1日1回、上の画像をポチっと押して頂けると、ランキング順位が上がりますので是非とも応援お願いします! 更新していない日でも押すことができますのでお時間がある方はよろしくお願いしますm(_ _)m