2019年ウィントフックからカサネ移動、そのままチョベサファリ

2019-05-14

りょーけん体調不良again

ウィントフックの宿のキャンプサイトで起床。

 

起きてすぐにりょーけんの様子がおかしい

ん??

「胃が痛くて吐き気がする。」

 

おやおやおやおや

 

 

今日は長距離移動だというのに。

アルゼンチンのことを思い出す

 

でも昨日もレンタカー仲間みんなで

シェアご飯したし

食べたもの一緒だから食あたりではなさそうだけどな

 

大丈夫??

今回のレンタカー旅で

 

ヒンバ族が住むオプウォに行かなかったので

ヒンバ族に会える街中のマーケットへ

 

午前中行くつもりだったのですが

りょーけんの体調を考慮し休養。

 

 

アセスメントの結果は胃腸炎っぽいので胃薬と吐気止めと絶食

 

りょーけんには朝食抜きで白湯だけ飲んでもらいます。

 

数時間後、少しマシになったようなので

レンタカー仲間と別れ

ウィントフック13時発のintercapeのバスへ。

 

バス停までなかなか距離があるので

普段なら歩きますが

タクシーを捕まえ、どうせタクシー乗るならと

ヒンバ族のマーケットへ寄りました。

ヒンバ族とご対面

場所はhiltostoホテルのすぐ横!

 

駐車場で朝の9時くらい〜夕方16時くらい?(に片付けているのをみました。)

にマーケットをしています。

 

スーパーにもいるところを見かけたという人もいました。

オプウォに行けないひとはおすすめ!

 

行って早々に出迎えられ

座れと促されされるがままに気づけば両腕腕輪だらけ。笑

 

木やビーズで作られていて可愛い!

ヒンバ族と写真を撮るために1つだけ買うつもりが

ひとりに2個ずつ買ってくれ。とお願いされる。

 

子供を連れてきてこの子はお腹がすいているんだ。と

 

買ってくれたら私と写真撮っていいよ。

んー、いくら?

170ナミビアドル!(543円)

意外とするなぁ

と話しながら

 

まぁナミビアドル残ってるしお土産にするか。

お互い3つずつ選ぶ。

 

にしても高いからあかねは値下げ交渉し

3つで100ナミ(776円)へ交渉成立!

 

 

りょーけんはというと減らしてはまた新しい腕輪をつけられての繰り返し笑

病み上がりのりょーけんも苦笑い。

3つで150ナミ(1164円)で交渉成立!

 

だがどうも選んだアクセサリーを作った人が均等ではないようで

売り上げに差があるせいか

私はまだ0だから私のために買ってとせびられる

でもこれ以上は

 

時間もないし写真撮ろう!とカメラを向けるも

ヒンバ族さん同士喧嘩がはじまる。

なんであんただけなのよ

てな感じ。

んーごめんなさい。

結局カメラに笑顔をみせてくれることはなく。

そーっと退散しました。

ウィントフックからカサネ移動

まずはウィントフックからKatima Muliloという街まで

レンタカー前の10日前に予約していたバス、intercapeで移動。

 

街の北にあるintercapeのオフィス前から時間通り13に出ました。

 

南アからの移動のときと同様、荷物の重さcheckがありましたがふたりで40kg以上いってましたがスルーでした。

バスはほぼ満席でした。

座席は乗り込んだ順、みんな当然のように割り込んできて列を作るという文化がアフリカには皆無。

 

トイレ付きのバスで18時間。

 

予定では4時半着でしたが着いたのは2時間遅れの朝6時半頃でした

バスはクーラーもほどよく途中ガソリンスタンドで休憩時間もあり快適でした◉

 

りょーけんは絶食中のため、ビタミン入り?とかかれた謎のヨーグルトシェイクだけを買ってあげた結果、朝にはよくなってました\(ˆoˆ )/

 

さて、ついてすぐタクシーに声をかけられます。

 

今日の目的地カサネまでgooglemapだと車で6時間。

 

乗りあいバスがあるとのことでそこまでタクシーで連れていってもらい

乗り継ぎますが

車のまわりには人だかり。

 

着いた隣には古いセダンカー。

え、乗り合いってこれ??

 

次々とカサネへ行く人が現れあっというまに

5人乗りの車にまさかの大人6人。笑

 

もうちょっとバンとかだと思ったけど

大丈夫か不安だったけど一緒に乗っているひとは

日本や中国のことをよく知ってるおしゃべり好きのおじさま。

 

と、スーツ姿のエリートっぽい男性。

 

あとはなんとも怪しげな格好(みすぼらしく)で無理やり最後に5人乗りに乗ってきた男性。

途中国境があるので一度降り、出国には入国時と同じ紙に記入が必要でした。

 

intercapeでも配られましたが

忘れてきてしまったのでどうしようかと思っていると

タクシードライバーがたくさん持っていました!

 

タクシーのなかで書いておくように言われたので出国はみんなスムーズ。

次にもうちょっと車で走ったところで22か国目ボツワナ入国!!

 

入国時は乗ってきた車のナンバーも聞かれますので、

写メっておくか紙に記入しておくと良いです。

ボツワナ入国前に履いている靴を消毒液?が入った水の中にで洗って入国します。

 

と、さっきの乗り合いメンバーのひとり、最後に乗ってきたコンゴ人男性がVISAが無いため入国できなかったと。

なんでVISAあること知らんねん。笑

 

てなわけで優しいタクシードライバーが近くまで送っていき、戻ってきたところで

いよいよボツワナ〜!

 

5人になってタクシーも快適。

google mapでは6時間となってましたが、

120キロで飛ばしてくれたせいか2時間くらいで到着。

たのしみにしていたチョベサファリロッジという4つ星ホテルで下ろしてもらいました!

チョベサファリロッジ泊まれず涙

降ろしてもらい受付にいくも

安くて超良いと有名なこのホテルのキャンプサイトは満員。

まだ9時頃なのでcheckoutするんじゃないかと聞きましたが予約も入っていて空きはないとのこと。

まじでー(;;

たのしみにしてたのに。。

2人で7000円する他の部屋なら泊まれると言われますが

ロビーのフリーwifiを繋ぎ作戦会議

booking.comで調べてみますが周りの家は

どこも4000円以上

知り合いにもこのロッジがいっぱいで

諦めて次の場所に移動したという人がいたので

高いお金を払ってまで泊まらなくていいかナミビアでサファリ結構満足したし

と話したり、

でもカバとバッファローみたかったなぁ

と話したり。

 

やっぱり諦めきれず、ロビーのスタッフに

ほかにキャンプサイトがないか聞いてみると

街の北の方にひとつだけあるとのこと。

 

うーん、この感じそっちも満員の可能性あるけど一か八かいってみる?

ボートツアーも後悔残るならせっかく来たし行きたいね。と話になり。

まずはとりあえずバス停方面へ歩き始めます。

 

そのときあかねは突然自分のサブバックがなんか軽くなったことに気づく。

 

あー!!!!

寝袋さっきの乗り合いタクシーに忘れた!

がーん(;;

 

炎天下のなか歩くうえ、

またテンションさがる。。

 

長距離バスのために出した寝袋

タクシー6人で狭かったから後ろのスペースにいれたの忘れてた

 

まだこれから夜冷えるとこあるし使えたのになぁ・・・

と落ち込んでいると。

 

プップー!🚗

 

なんと道路の向こうにさっきのタクシードライバーが他のお客さんを乗せて止まってる!

「寝袋忘れてるよー!」

と届けてくれた!

ぁぁぁぁぁありがたき!!!

 

会えた奇跡と盗まれててもおかしくないのに(まぁ寝袋なんていらないか)

優しいドライバーに感謝。

 

気をとりなおして、

歩くのは疲れたためタクシーを止めて

キャンプ場までびゅーん!

 

着いたのは 【thebe safari lodge

受付にいくとキャンプサイトの空きあり!

 

場所をみてから支払っていいと言われたので確認しにいくと

トイレもシャワーも綺麗でお湯も出るし

キャンプサイトも広くてフロントのwifiさくさく!

1135プラとチョベサファリロッジより高いですが、仕方ない。

泊まることに!

 

ツアーの写真があったので今日の夕方のボートサファリを聞いてみると

6人揃わないと開催されないから今日は無いとのこと。がーん( ;∀;)

仕方ない。

 

チョベサファリロッジに戻ってツアーだけ予約するか。と諦めていると

次に来た外人さんがツアーに申し込むとのことで

急遽ツアー開催が決定!わーい!

ボートサファリツアーも割高の1人440プラ(4400円ほど)。

でもチョベ国立公園に入るには入場料が別途必要とチョベサファリロッジで見ましたが、

この宿のツアーは入場料込み。

さっきのロッジに戻る労力とタクシー代を考えればこっちでいいか!と

宿のツアーに申し込みました!

 

ツアーまで時間があったのでwifi繋いだり

徒歩すぐにスーパーがあるので買い出しに行ったりシャワーを浴びてお昼寝しているとあっというま。

 

ボートサファリツアー

ツアーは14時半ロビー集合の3時間ツアー。

飲み物は持参。

ロビーにいくとガイドさんがいますが、ロビーにいるのは私達だけ。

あれ?とガイドさんにきくと、2人の貸切だよー!と。

あれ、いつのまにプライベートツアーに?

あの外人さんキャンセルしたんかな?

まぁ同じ値段でふたりでいーならいっか!

 

近くのボート乗り場で降ろしてもらい、

写真にあったボートとは違う小型ボート(たぶんふたりだから?)で出発!

どんな動物にあえるかなー?ウキウキ(^^♪

 

国立公園に入るとガイドさんは一旦降りて入場料の支払いへ。

そのあいだにどんどん他のボートが到着。

たぶんチョベサファリの宿泊者だろうボートには日本人もちらほら

あー本当なら私らもあっちに

いや私らは2人だけのプライベートツアーだ。

こっちのほうがいーんだ。と言い聞かせて

いざ出発!

さっそく像の群れに🐘クドゥかな?

んー、・・・もっと他のがみたい!!

と、オス像が川を横断し始めた!

 

 

おーーーーー!

像が水ん中泳ぐのは滅多にみれないらしい!?

鼻だけ水から出して息してる笑

かわいい。

 

動画しか撮っておらずすみません(笑)

 

なかなかない像の様子に感動して

お次へ。

アフリカンイーグルかっこよかったー

鳥鳥鳥

 

遠目にカバはっけーん!

おぉぉぉぉー近くでみたい!!

と、すぐにカバ!あれ、あっちにもカバ!

いっぱいいた笑

しかも陸カバ。

水ん中泳いでるのもいたけど陸カバがいっぱいでした。

これも珍しいみたい。

お尻かわいい。

と、そこへバッファロー!!

ついにナミビアでは見れなかったbig5のバッファローに会えた

角かっちょいー!

やっぱヌーとは違うかった笑

バッファローの体にはいっぱい鳥がくっついてバッファローの体についたなんかを食べてた!

バッファローはなかなか凶暴だから近づけないとガイドさん。

サファリはガイドさん次第のとこがあるらしいけど、

私らのガイドさんはまぁまぁ良さげ。

絶対見逃すであろうトカゲも見つけて教えてくれた!

そのあとも私らふたりだけなので

写真を撮ってると止めてくれたり。

ナミビアでも像の赤ちゃん見たけど

この像の赤ちゃんは生後3カ月くらいらしい!ちっさーーー

 

3時間はなかなか長くてお腹いっぱい。

最後は川をぐるーっと一周してくれました。

sunsetを眺めながらツアーは終了。

 

夜はテント泊中、たぶんカバであろう動物がすぐ近くを通っている鳴き声や足音が聞こえその度にびびって起きました。笑

 

 

みなさんオススメのチョベサファリロッジにも泊まりたかったのが正直な気持ちですが、

今回の私達のように満員のこともあるかと思うので是非そのときは諦めずに行ってみてください!

 

ι(`・-・´)/ ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 最期まで読んで頂き、本当にありがとうございます^^ 1日1回、上の画像をポチっと押して頂けると、ランキング順位が上がりますので是非とも応援お願いします! 更新していない日でも押すことができますのでお時間がある方はよろしくお願いしますm(_ _)m