スタンバイミーコースで行くマチュピチュ遺跡へ!行き方や値段などまとめ。

2019-02-06

前日クスコ観光を楽しんだ僕たちは、マチュピチュへ向かいます。

マチュピチュへの行き方

一応さらっと行き方を書いておくと、クスコから電車でマチュピチュへ行くと数万円。

途中の景色が綺麗らしく、ご飯などサービスも充実。

日帰りでいけます。

歳をとったらこんな優雅な旅をしてみたいな~。

 

 

バックパッカーのほとんどの人がクスコから

バス(約7時間)で水力発電所まで行きそこから電車(29USドル)か

バス(約7時間)で上記と同じですが水力発電所から電車の線路を歩いていく

スタンドバイミーコース(2時間半~3時間)のどちらかを行くそう。

映画のスタンドバイミーに似てるからこの名前が付いたと思いますが、外人には通じません(笑)

電車はこの時間は1時間に2本程度走りますが、横に避ければ問題ありません。

 

 

この場合はマチュピチュ村で一泊する必要があります。

 

僕たちは新月に合わせてウユニへ行きたいため急いでおり、

クスコに着いた翌日にはマチュピチュへ向かい、

一泊二日で帰ってきた翌日には

標高5000mと言われるレインボーマウンテンへ行くという

ハードスケジュールをたてました(笑)

 

実際にはマチュピチュの帰り道でトラブルに遭い

次の日のレインボーマウンテンへは行けませんでしたが(笑

 

クスコから水力発電所のバスは相場が60~80ソルとのことですが、

宿のオーナーが優しく55ソルで手配してくれるという事でお願いすることに。

 

ついでにレインボーマウンテンも65ソル(相場は55~100ソル)

だったためこちらのツアーもお願いしちゃいました!

 

ちなみにクスコのお勧めの安宿はこちら

宿はAuquis Ccapac Guest House

 

宿のオーナーは英語が話せ、色々と親切に教えてくれるのと、

荷物を預かったりしてくれます。

キッチンが使えWi-Fiはサクサク、

清潔でホットシャワーが夜出たりでなかったりするのが唯一の欠点でした。

昼間入ればホットシャワーなんですけどね(;’∀’)

 

 

でも一泊500円以下という最高な宿でした!

水シャワーは本当に覚悟した方がいいですが(笑)

 

宿からバスに乗り水力発電所経由でマチュピチュ村(アクアカリエンテス)まで

8時にピックアップ予定でしたが早めの7:45には迎えが来ました。

そこからガソリンスタンドでガソリンを入れた後にどこのホテルから乗ったかグループごとに点呼されます。

8:45くらいになってようやく出発。

コレクティーボみたいな乗り合いバンの方が速そうでしたが、

僕たちが乗ったバスは大きい古いバスなのでゆっくり。

それに加えて運転手のおじちゃんが休憩をわんさかとります。(笑)

途中、橋が崩れて

川をバスで渡るところがあり

そこでは車がしょっちゅう川の中で動かなくなるため渋滞が起き

結局水力発電所に着いたのは16時。

ここから3時間歩くとしたら暗くなってしまう・・・(;’∀’)

ここから電車に乗るとすぐにマチュピチュ村であるアクアカリエンテスまですぐに着きますが、

我々は気合を入れてスタンドバイミーコースを歩きます。

 

A-to マチュピチュという看板に沿って歩いていくとよいです。

まぁ、ほとんど線路の上を歩いていくので道を間違うことはないですが(笑)

 

途中にはレストランやトイレなどもあります。

モニュメントもあるため記念撮影!

 

結構な早歩きで進んでいきましたが、マチュピチュ村に着いたのは18:30でした。

ほぼ平坦な道のりで、途中マチュピチュがちょびっと見えます。

マチュピチュ村は日本の温泉街に似てます。

なぜならマチュピチュ村の村長は第一号が日本人らしいです。

実際このアクアカリエンテスは温泉があるらしいですが、

高くてぬるいらしいのであまりみんな入らないみたいです(笑)

マチュピチュ村(アクアカリエンテス)でチケットを購入

途中で雨が降ってきてびしょびしょになりながら宿に着きましたが、

まだ入場券を買ってなかったため町の購入場所まで行きます。

 

クスコでも買えますが、

日曜祝日はチケット売り場がやってなかったため、

マチュピチュ村(アクアカリエンテス)まで行って翌日分を買うことにしました。

 

1日の人数制限があり、

ネット上では買える枚数が0枚だったとしても窓口で問題なく買えるという事があるそう。

僕たちも問題なく買えました。

当日の朝も8時から買うことができるみたいです。

 

ワイナピチュは人気で一日400人という人数制限があるため

2~5日前には購入しておいた方が良いみたいです。

 

21時まで窓口はやっています。

6時から一時間毎に入場券を買え、

それ以前の時間には入れないが以降なら何時でも入られるとのことでした。

 

旅仲間のHみんが高山病で動けなくなっていたため、

彼女の分もパスポートを持っていきましたが問題なく購入。

学割はマチュピチュ村では使えません。

値段は152ソル。値上げしてますね。

パスポート必須、現金のみです!

マチュピチュ村から遺跡までのアクセス

マチュピチュ村(アクアカリエンテス)からマチュピチュ遺跡までは登山道を行くかバスで行くか選ぶことができます。

僕たちは徒歩で行きましたが、マチュピチュ村から登山道まで30分程度、登山道入口からマチュピチュ遺跡までが1時間弱でしたが、標高が高いため普段登山しない方はもう少し時間がかかると思います。

 

バスなら20分、片道12USドルでソルでの支払いも可能(値段は分からず)

チケットを先に買っていたとしても並ぶ列は同じみたいなので、当日買っても大丈夫なのと、朝はかなり混むので早めに並ぶことをお勧めします。

 

チケットを無事に購入した後には、ご飯をテイクアウトし部屋で食事することに。

全員下痢気味となっていたため、何かに当たったのかな~と思ってましたが、クスコにいる日本人はほとんど下痢気味になっているそう(笑)

水や食事、気圧の問題など色々原因はありそうです。

 

次の日もスタンバイミーコースで帰るため、14:30には水力発電所のバス停にいなくてはなりません。

余裕をもって11:00にはスタンドバイミーコースを歩き始められるように、朝6時に宿を出発する予定としてこの日は早めに就寝しました。

 

ι(`・-・´)/ ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 最期まで読んで頂き、本当にありがとうございます^^ 1日1回、上の画像をポチっと押して頂けると、ランキング順位が上がりますので是非とも応援お願いします! 更新していない日でも押すことができますのでお時間がある方はよろしくお願いしますm(_ _)m