『幸せの国ブータン』へ!1日目後半へ

2019-12-18

クズザンボー!(ゾンカ語でこんにちは!)

久しぶりの投稿になってしまいました。風邪ひいて移動が続いたのでしんどくて中々書く気にならず、観光する気もならず、5日間ほんとになにもせず部屋にこもりっきり(笑)

せっかく暖かいリゾート地に来たのですが、何にもしない贅沢もたまにはいいか、と言い聞かせています(笑)

 

 

ではでは、

ブータン観光1日目後半編いきます!

首都のティンプーに向かってドライブが続きます。

ちょうど折り返し地点。

全体的には車で1時間ほどです。

途中、ゾウさんに見える岩をみながら~

露店で白い吊るしたものを売ってました。高山に住んでいるヤクのチーズとのことで、大のチーズ好きな僕のために止まってもらいます。

露店の女の子が可愛かったので隠し撮り。ブータンは美人さんが多かったですね。

 

チーズは硬く噛めないですが、口に含んでいると段々柔らかくなってきます。味はあまりしないけど癖もそこまでなくまさにチーズ!って感じ。

いくらくらいなんでしょうか?ガイドさんが全部出してくれているのでわかりませんでした。

くるみやミカン、リンゴなどが他にも売ってました。

 

小休憩したあとはグネグネ道が続きます。車酔いしやすいあかねは案の定車酔いに。

首都に近づくにつれて建物が増えてきます。御覧の通り建物は竹の足組で作っています。

この支え方、なんとも斬新ですが大丈夫でしょうか?ブータンは地震国であるため耐震はどうなんでしょうか。。。

ほとんど建設はインド人がやっているそうです。インド人の方が賃金が安く経験に富んでいるそうです。しかしすべて手作業、早くしないと冬が来ちゃうよ~

 

 

首都ティンプーには9時頃到着

まずは本日の宿Hotel Phuntsho Pelriに到着。窓とかの装飾がほんとに可愛い

ロビーではガイドさんがチェックインを代わりに全部してくれるので待っている間紅茶とコーヒーのサービスがありました。

寒いので温かい飲み物が染みます。チェックインカウンターも可愛いですが、全体的に暗いです。

停電がしょっちゅう起こるといわれているブータン、省エネなんでしょうね。

壁が可愛い。

部屋の鍵をもらい、

2時間でいい?12時に迎えに来るね。

とガイドのゲンさんは一旦出ていきました。

 

2時間たっぷり休ませてもらい、元気になったのでいざ昼ごはん!

歩いていきたい?車がいい?というので

せっかくなので散歩がてら歩いて向かいました。

実際歩いていると街中には映画館がありました。そこまで大きくなく、上映しているのはブータンの映画のみとのこと。

野菜も一通り売ってます。インドなどからの輸入も多いそう。

中学生・高校生も民族衣装を着ていたり、野良犬がそこらじゅうで日向ぼっこしていたり、平和だなーと感じる風景が広がっていました。

ティンプーの銀座通り。一番栄えている場所には最新のファッションやテレビなどが売ってますが、タイで買った方が安いためみんなタイに買いに行くそう。

街中にあったのは手信号。その他の信号は一斉ありません。通常は曲がる方が優先で直進の人が止まらなければならないという日本とは違う交通ルール。

交通量もそこまで多くないからいいんでしょうね。バイクや自転車はほとんど乗っている人がいません。

 

お昼はいよいよ初ブータン料理!

お店の前にはブータンの魔除けとして色んな所に沢山描かれているシンボル。チベット文化による魔除けとして有名だそう。

ご飯前にすみません、て感じですが

ビュッフェ式でした。

お米は赤色のものと白米と。でも少しタイ米に近い長細い小粒のお米です。

あとはソバや野菜中心の料理です。基本的に辛い物が多いですが健康的な物ばかり。

牛肉を使ったものがありましたがお肉はインド産。

 

リョ―ケンはせっかくなのでブータンビールを!

アルコール度数が8%と5%と選べ、8%に。コクがあって結構おいしかったです。ラパスで飲んだビールもそうですが、標高が高い所の方が美味しいイメージです。

 

 

昼食後は街の中心にあるアーチェリー場へ。

男性たちが街中で弓矢を放っている姿・・・なかなかない光景ですよね。ブータンの国技にもされているアーチェリー、由来は仏教から来るものみたいです。

人に当たったりしないのかな?とヒヤヒヤしながら向かいあわせにチームがいてお互い的に当たったらダンスしていました。

女性はできないそうです。日本の相撲のようなものかな。ただ娯楽みたいなものでもあるみたいですが、大会もあるそうで。

 

 

お隣にはスタジアムがあって(チャンリミタンスタジアム)

12月17日はブータン統一記念日のため、国王?えらい方が来るそうで会場をブータンの国旗で飾りつけしたり学生の子供たちが何やら発表するものの予行練習をしていました。

そこで驚いたのがアナウンスが英語!

その指示を聞いてみんな動いている。え、ブータン語じゃないの?

ガイドさんによるとブータンは中学校から授業はすべて英語で行われるそう。

だからみんな英語はペラペラ。最近はブータンから出て他の国で英語教師やワーキングホリデーをしている人も多いみたい。オーストラリアで1・2年ワーホリするとブータンで15年働くほどの貯金ができるらしく、一気に金持ちになれるから流行りらしいです。

見にくいですが、現地でよく見かけた落書き。汚い車に現地の子供が「wash me please(私を洗ってください)」と落書きするのが流行りみたい(笑)

 

そのあとは眞子様が以前に訪問した場所でもあるナショナル・メモリアル・チョーテンというお寺。首都でも大きなお寺の一つ。

ちょうどお祈りをしている時間でたくさんの人がいました。

大きなマニグルマをまわします

おじいちゃんが手にしているマニグルマはチベットの人が良く回しているイメージ、見たかったので観れてよかった!お土産にも買ってしまった(笑)

 

 

次に向かうのはあそこだよ!

指さす山の上には金色の大仏様。

山をぐるぐる登っていき・・・

首都の展望。長野県の町みたい。これで一番大きい街なんだから、発展途上国といえば発展途上国ですよね。

でも、みんなが発展を望まず幸せに生きることを優先する。っていうのは、仏教の教えのもとにあると思うんですが幸せはお金じゃ買えないんだなぁと思いました。

 

ともあれ、仏像に着きました!

おっきーーーーい!!奈良の大仏の大きさをはるかにこえた大仏様。

中にも入れました。この大仏様の中には仏像やお釈迦様の絵など色々ありますが写真禁止。

本当は顔のところまで登れるらしいですが特別な日に特別な人しか入れないそう。

ここは最近の若者のデートスポットらしいです。みんなここまで一日かけて歩いてくるっていうのだからすごい。

 

そのあとは16:30にならないと入れないという

タシチョ・ドゾンへ。長くなっちゃったのでこれまた次回にします(笑)

 

 

 

ι(`・-・´)/ ブログランキング参加中!!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 最期まで読んで頂き、本当にありがとうございます^^ 1日1回、上の画像をポチっと押して頂けると、ランキング順位が上がりますので是非とも応援お願いします! 更新していない日でも押すことができますのでお時間がある方はよろしくお願いしますm(_ _)m