ウシュアイアからプンタアレーナスを経由してプエルトナタレス、エルカラファテへ~移動方法から費用まとめ~

南極クルーズから帰ってきて1泊だけウシュアイアで休憩した後、今後のルートについてまずは作戦会議。

 

ウシュアイア付近で有名なチリとアルゼンチンの観光地と言えば、

 

プエルトナタリレスを拠点とするパイネトレッキング

エルカラファテを拠点とするペリトモレノ氷河

エルチャルテンを拠点とするフィッツロイ山

 

この3大観光地を周るかどうするかと考えたとき、陸路で北上していくのであれば全ての町を通ることになります。

 

しかしパイネは入場料やバスなどのお金で日帰りでも1万/人と結構かかる上に、フィッツロイ山と景色はそこまで変わらないとの情報あり。

またかなりの人気スポットで予約が取れにくい。

3泊4日の横断トレッキングなどは特にハイシーズンの今は予約が取れない状況にありますが、高額な費用が掛かるためキャンセル人も多いそう。

 

南極で十分氷河を楽しんだ僕たちは氷河トレッキングなどのできるペリトモレノ氷河をスキップすることに。

 

アウトドアメーカーのPatagoniaのロゴにもなっているフィッツロイ山だけエルチャルテンの町から観てリオのカーニバルへ向かうことにしました。

 

 

 

ウシュアイアからエルチャルテンまでの行き方

 

僕らの失敗

 

次の日に12時間かけてバスで国境を越えてプンタアレーナスに向かいそこで一泊。

 

あかねが調べたネット情報だとプエルトナタレス→エルカラファテ→エルチャルテンの町間は3時間で移動できると。

 

次の日に一気にエルチャルテンまで北上するという事で二日後のエルチャルテンまでの宿も予約することに。

 

しかし実際には1日でエルチャルテンまで行けないことがバス会社に聞いたところわかり(ネット情報にも書いてあった)、

 

宿をキャンセルしなくてはならない結果になり

キャンセル代がかかりそうなところでしたが宿に問い合わせたところ

無料で予約を1日ずらしてくれという神対応(*’▽’)

 

 

あかねはピアスに加えて

チリの出入国に必要なPDIという証明書をこの間で無くしたため(無くすな言われたけど結局いらなかった)、

携帯からパスポート、外貨を含めた全ての貴重品を僕が管理することに(笑)

 

バスチケット購入

ハイシーズンは観光客が多くバスの予約が取りにくいので早めに予約しておくのと、

曜日によって午後便が出てなかったりオフシーズンはバスの本数が減るため注意してください。

 

 

ウシュアイアからプンタアレーナスまでは約12時間、

朝7時に出発して17:30に到着しました。

途中船に乗ったり国境があるため結構時間がかかります。

17000アルゼンチンペソ(約5000円)

クッキーにコーヒー付き。

トイレ・USBコンセント付

所要時間約12時間

 

途中も昼食タイムやトイレ休憩があります。

プンタアレーナスはコロニアルな街並みで可愛くきれいですが特に観光すべきものはないです。

ただゆっくりするにはとてもよさそうな港町でした。

 

プンタアレーナスからプエルトナタレスまでのバス

着いた後にBus Surという会社でプエルトナタレスまでのバスチケットを買えます。

本数は結構出ていて、

バス会社によって違いますがBus Surは

7:00・8:30・10:00・12:30・14:00・15:00・17:15・18:00・19:00・21:00

 

8000チリペソ(約1400円)

トイレ・USBコンセント付

所要時間は約3時間

 

プンタアレーナスに着いて一泊してもいいし

 

日程に余裕がない人は19時、20:30、21時のバスに乗り継げばその日のうちにプエルトナタリレスまで行けます。

バス停にはフリーWi-Fiがあるためそこで宿はとればよいと思います。

結構バスの座席は余裕がありそうでした。

 

 

 

僕たちは7時に出発し10時15分に到着。

パイネの公園行きバスは3日後まで予約がいっぱいでした!!!

なので余裕をもってプエルトナタレスからパイネ行きのバスは予約した方がいいです(*’▽’)

 

ちなみに

プエルトナタレスからプンタアレーナスは

6:45・7:00・8:30・10:00・12:30・14:00・15:00・17:15・19:00・21:00時

に出ています。

プエルトナタレスからエルカラファテ

プエルトナタリレスからエルカラファテまでは

毎朝7時か7:30か8時発の会社が3社。

 

午後便は14時発の1社のみ、

しかもこの午後便はハイシーズンの月・水・金曜日しか出てません。

 

たまたま金曜日だったので僕らはそのバスでエルカラファテまで向かいます。

 

 

 

所要時間は約5時間

1人17000チリペソ(約2800円) トイレ・USB付

 

途中国境を越えますがかなり緩いです。

左側席には絶景が続いてます。

 

 

 

エルカラファテからエルチャルテン

所要時間は約3時間。

1人800アルゼンチンペソ(約2400円) トイレ付

こちらも左側の席からはフィッツロイ・氷河が見えます。

 

 

ヒッチハイク

各街間をヒッチハイクして移動していく人たちがPatagonia地方では多いです。

 

比較的簡単に止まり安全で、お金もかからないとのことですが、沢山ヒッチハイクをしている人がいるため、ライバルは多いです(笑)

 

実際ヒッチハイクで移動している友達がいましたが、捕まえるのに1時間かかり心が折れかけたと話していました(笑)

それでもかなりのお金の節約になるので、時間にゆとりがある人はやってみてください!

 

 

各バスを予約する際に、宿から予約すると10%割引に加えてピックアップしてくれるところもあるので、宿で予約するのがいいかもしれません!

ただない所もあるためご注意を。

 

また、1~3月などは夏のハイシーズンとなり多くの人が集まります。

数日後まで予約とれないなんてこともありましたので、余裕をもってバスの予約をとっておくといいと思います!!