カンクンのチチェン・イッツァ、セノーテ・カンジュン、ピンクレイクにレンタカーで行ってきた!

レンタカー・行き方に関してはこちら

 

前日日本人宿で人を集い、

3人しか集まりませんでしたがピンクレイクを見たいためにいざ出発!

まずはチチェン・イッツァ遺跡

マヤ文明の遺跡となるチチェン・イッツァへ向かいます。

マヤ文明と聞けば大体の人が、一度は聞いたことがあるはず。

 

ほとんどが川の近くに文明って栄えるんですけど

このマヤ文明は川の近くに栄えず

セノーテのきれいな水を生活水として使っていたとのこと。

 

当時、高度な技術で栄えた文明も、9世紀頃から衰退。

950年ー1524年にはこのチチェンイッツァを中心に栄えるも、

いつ滅んだかは不明のようです。

 

遺跡にあまり興味はない方ですが、

このチチェンイッツァはすごかった!!

正面から手を叩くと、蛇の鳴き声がすると言われており

確かに叩くと拍手の音と違った反響音がしてきます。

太陽の動きで蛇の動きに見えるようで、

蛇の彫刻などもあります。

何かの祭壇?

現地ガイドなどがいるとまた違うんでしょうね。

周りにはお土産屋さんもあり楽しい

 

チチェンイッツァは一人1200円くらいだったかな?

そのあとはセノーテイキルへ行くのが王道のようですが、

滅茶苦茶混んでいたそうです。

 

セノーテカンジュン

僕らは高速に入った後に路上にいる人に停められ、

イキルは高いし人多いからこっちのセノーテはどう?

と見事にキャッチされ、お昼ビュッフェ付きと言われたのでそちらに行くことに(笑)

 

そのチケットを買ってすぐ後に、場所がわからないことに気づきます(笑)

ネットはみんなオフラインだし、

まぁどうにかなるかと進んでいるとサービスエリアのようなところが!

 

Wi-Fiもないためレストランのスタッフなどに

スペイン語を話せないながらも聞いてると

ネット検索してくれ場所がわかった!!

 

チチェンイッツァから30分くらいのところでした。

ここもイキルも、ツタの感じと飛び込めることで有名なセノーテ。

グランセノーテやタージマ・ハなど、

光のカーテンがみられるセノーテではないので、

まぁ行かなくてもいいかも(笑)

ただ、ビュッフェは美味しくて現地のごはんが食べられるのでよかったです(^^♪

あかねは直前に車酔いから気持ち悪くなり泳がず見てるだけでした(笑)

 

結構深くて魚もいて冷たい!

一通り泳いでから

次にピンクレイクへ向かいます

ピンクレイクでのサンセット

ここは人工的に作られた塩田。

塩の山も見えてきます。

塩の塊をなめると、まろやかで美味しい!

バクテリアの活動でピンク色に見えるのだとガイドの子が教えてくれました。

ただ塩を採るために水を引く時期があるため、冬の期間がおすすめのようです。

道を挟んで反対側にはフラミンゴもいます。

小魚をたべており、塩田の方には魚がいないため

海側にしかフラミンゴはいないのだそう。

動物園でしかみえないから結構興奮します!

飛ぶのに助走の距離が必要な為、

日本のフラミンゴは逃げ出さないのだと同行していた先生に教えてもらいました!

 

帰るのが遅くなるため、あまりお勧めしないですが

サンセットはすごくきれいでした!

まるでウユニ塩湖のようでした!(言いすぎか笑)

ピンクレイクの費用などは一番上のリンクにまとめてます!

ι(`・-・´)/ ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 最期まで読んで頂き、本当にありがとうございます^^ 1日1回、上の画像をポチっと押して頂けると、ランキング順位が上がりますので是非とも応援お願いします! 更新していない日でも押すことができますのでお時間がある方はよろしくお願いしますm(_ _)m