マレーシアトランジットラウンジ利用。バンコクお勧め宿!

 

おひさしぶりです。

コロナによるステイホーム生活のおかげで溜まっていたブログをようやくこ更新し始めました。(遅っ

書き溜めていたものを少しずつUPしていきますのでよろしくお願いします。

 

 

さて、ブータンを満喫しタイはバンコクに戻ってきました。
次にタイからマレーシアで10時間のトランジットの後、向ったのはオーストラリアゴールドコースト!

Jetstarを使うとマレーシア、クアランプールで10時間ほどのtransitが多いと聞き
わざと長いtransitを選びマレーシア観光しようと考えていた私達。

だがしかし…..

ブータンの寒さで完全に風邪をひいた私達は
観光どころじゃなくなりギリギリの飛行機が着くまで回復を願っていましたが

外に出て観光する元気もなく、、プライオリティパスを使ってラウンジで過ごすことに。

あープライオリティパス様様♡作っててよかったーって心から思った。

 

バンコクのお勧め宿

タイのドンムアン国際空港早朝5時発という便だったため、
前日はチェックアウト後泊まっていた宿のロビーで夜まで過ごさせてもらい
日付が変わる前に空港に到着。

タイの宿は
In a box Hostel

受付のお姉さんは優しく、ブータンに行っている間ドローンを預かってもらったり

(ブータンはドローン持ち込み禁止の国の一つなので注意!ちなみにエジプト、モロッコ、キューバなどもです)

チェックアウト後も遅くまでシャワーや共有スペースを使わせてくれて助かりました!
3人だったのでドミではなく3人部屋の個室を利用しました。
共有シャワーとシャワー付きどちらも泊まりましたがシャワー付きのときは2段ベッド風の部屋でやや狭かったけどベランダ付きで快適。
共有シャワーの部屋はシングル3台の個室で共有シャワーは綺麗で問題なかったけど
ロビーの真上の1/2階みたいな場所で共有スペースの声が夜中気になって眠れなかったです。

道を挟んで向かいのマッサージ屋さんの利用が宿泊者だと安くなるので宿泊中2回行きました♡

マッサージ店

暗くてごめんなさい。夜遅くまでやっています。

3人で全身マッサージ1時間950バーツ(約3212円)でした。1人1000円なら格安ですね。

丁寧でよかったけどスタッフさんによっては当たりはずれあります。(笑)

 

前回1周目の旅の時に泊った郊外の宿も満足だったけど主要な観光地にいくにはタクシーかバスしかなかったので、

今回のような中心地を通ってる電車の路線の駅近で、歩いて街にいけたり、ツアーを利用する場合は集合場所まで近い、

空港から電車で1本という好立地だったので短期旅行の人にはお勧めです!

詳しい前回の宿についてはこちらの投稿をチェック↓

パリから一気にアジア!今回の世界一周最後の国タイに入国!~バンコク観光~

 

ドンムアン空港ラウンジ

さてドンムアン空港に日付が変わる前に到着した私達。
22時まで使える出国審査前のラウンジがあったのでそこで3時間満喫。
ソファーもたくさんあって風邪気味のふたりで爆睡してました。
夜ご飯を食べた後だったので食べてませんがビュッフェ風のご飯がいくつかありました。
コーヒーメーカーがちょうど故障?洗浄中で温かいのが飲めず震えてましたが綺麗なラウンジでした。

22時以降はベンチで仮眠。

チェックインに早めに並んでみるもやはり3時間前からで3時間前にようやく荷物を預けて中へ。
中にもいくつかラウンジがありますが、しんどかったので荷物検査が終わった目の前にあるラウンジに結局3時間いました。

立派というか豪華なラウンジで種類も豊富でした♡

珈琲やお酒はカウンターのスタッフに注文するといただけます。

 

時間も朝方だったのでラウンジ内は寝てる人も多く安心して眠れました。
軽食を頂いていよいよマレーシアへ✈

飛行機内から下をみると綺麗な海~♡

水上コテージとかいつか泊まってみたいな(夢)

マレーシアトランジットはラウンジ利用

当初マレーシアのトランジットは一度外に出て観光するはずでしたが広い空港内を歩くだけでやっと。
とりあえず入国してゲート外にもラウンジがあると聞いていたので入国審査に並ぼうとすると、、
すごい人!フロア全体が行列で
もうふらふらだったので諦めてゲート内エアサイドのラウンジへ。

ここはシャワー付きだったので入るか迷いましたが、具合が悪くなるか良くなるか一か八か、寒いから温まってみようと思い入ってみた。笑
案の定寒気はしたしシャワールームでクラクラしてほぼしゃがんでたけど昨日もお風呂に入れてなかったのでさっぱり!

有料のマッサージをしている人もいましたが、椅子は全部孤立式で横になれる場所もなく、あいにく席も満員でした。

が、体調が悪かったので椅子で寝ました、、

3時間マックスまで滞在し、もう一つのラウンジを探してみるもゲートを通過するのに荷物検査があって
戻ってこれない雰囲気。。

ネット情報にもエアサイドは搭乗口によって1つしかいけないと書いてたけど
私達が行ったこのラウンジはどちらの人もいけそうでした。

もう一つの方には行こうとしましたが、行けませんでした。

あと5時間ほどあるけどどうしよう、、
ベンチを探してみるもどこも横になれないベンチで固いし寝れない
今から乗る飛行機はJetstarは機内食もでないしお腹空くなぁ、、

と考えた結果、薬が効いたのか少し回復していたので
入国審査に並んでみることに。
ちょうど人も少なくすんなり入国審査を通過し出れた!(入国審査は時間によって混んでいるので時間に余裕が必要そうです)

外には2つラウンジがあるってことでしたが、ご飯が充実してるというラウンジを探してそちらへ。

ななななんと!その場でシェフが作ってくれる麺があり
日本人の口に合う優しい味で風邪気味の身体に染みた〜( ;∀;)♡

パスタだったり日替わりでメニューも違うようだが私達にぴったりなうどんっぽい薄味の麺で2杯頂きました。

ちなみに持って入れそうなご飯は無かったのと、飲み物は搭乗前のゲートで全部没収されたのでもらって帰っても意味なかった。

3時間めいいっぱいご飯食べて、綾鷹飲んで。(綾鷹あるとはすばらしい!)

クアランプールは大きい空港だから移動に時間がかかるのと荷物検査に並んだり思わぬ時間ロスがあることで有名なため
少し余裕持ってゲート行ったけど空いててスムーズでした。

 

お勧めの旅のお供の水筒

バックパッカーの多くは移動に格安のLCCを使うと思いますが、
LCCは飲み物が出ないので口がカピカピ。になるんです。(笑)

手荷物検査で通れればラウンジで飲み物を拝借して乗る人も多いですが、

50%くらいの確率で没収されます。

そんなとき!

タイもマレーシアも荷物検査後のトイレ近くに飲料水があり水筒があればいれれました。

最近はどこの空港も飲料水の場所があるので
LCCに乗る際は水筒もしくは空のペットボトルがあれば水代の節約になりますね。

そんな私達にはご縁がありスポンサーから提供して頂いた水筒

REVOMAX ホームページはこちらから

前回の旅は飲んだ後の空のペットボトルとかで持ち歩いてたけど保温、保冷ばっちりで

ねこ舌の私は火傷するレベル(笑)

しかも衝撃だったのが、蓋の開け閉めが片手でできるんです!!!

はじめて開けたとき感動した!!!!

そんな簡単に開閉できるってことは、水筒やタンブラーであるあるの

カバンで漏れるんじゃない???って思うじゃないですか。

しっかり密閉してるのでカバンの中で溢れる心配なし。

もう1年弱使っていますが漏れたことありません。

 

片手でできる必要ある?って思ったんですが

運転中や、バスの中、片手て携帯触りながらなどなど

使ってみるとかなり便利で優れものです!

 

小さいサイズもあるみたいなので旅のお供とアウトドアに超オススメ!!

日本に帰ってからも愛用しています!

新生児がいるかたは外出中粉ミルクを作るときも便利そう~♪(一応私助産師なので)

REVOMAX2 592ml 真空断熱ボトル /レボマックス2 【ポイント10倍/送料無料/在庫有/あす楽】【RCP】【p0528】

価格:6,028円
(2020/5/21 17:33時点)
感想(1件)

さて次回は長旅を終えて、ようやく夏のオーストラリアに到着!

やっと暖かい国~♡
到着後すぐに実は事前に動物園でのコアラ抱っこを予約しており、
なんとかこの体調は持つのか、、笑笑

お楽しみに♡

ι(`・-・´)/ ブログランキング参加中!!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 最期まで読んで頂き、本当にありがとうございます^^ 1日1回、上の画像をポチっと押して頂けると、ランキング順位が上がりますので是非とも応援お願いします! 更新していない日でも押すことができますのでお時間がある方はよろしくお願いしますm(_ _)m