【アイスランド観光まとめ】セルフオーロラ観測にレンタカー旅行注意点、お勧め安宿!

2018-12-11

2018年12月の上旬に一週間、レンタカーしながらアイスランドを旅行しました!

その際のアイスランド観光まとめです!

オーロラハンティング ツアーに申し込む前に!!!

冬のアイスランド、せっかく行くなら綺麗なオーロラが観たいですよね!

ツアーであらかじめ予約しておいてもいいですが、決められた日の天気が悪かったら観られないことも多いみたいです。

(ほとんどが観光してからオーロラという流れで、観られなくても返金なし)

 

僕たちの泊まった宿のマレーシア人も、1万円少しするツアーに参加したけど観られなかったと話していました。

現地のツアーに参加する人も、自分でオーロラハンティングしようと思っている人も、まずは下記のサイトを確認するのをお勧めします!

https://en.vedur.is/weather/forecasts/areas/

Google chromeで開くと日本語に翻訳できます!

一週間分の天気予報が出るのでまずは天気をチェック!

この赤印のところをクリックすると、オーロラ予測が出ます。

上部赤印の、複合のところをクリックすると、下層~上層の雲の動きがみられます。

全域で白い所は見られるスポットなので、自分の近い場所、時間をみて観に行くとみられる確率が上がります!

 

数日先の予報も出るため、これを見てから現地でツアーを申し込むのが一番見られる確率が上がると思います!

右上の青印はオーロラが活発かどうかですが、僕たちは2のLowの時にも観測できました!

 

結構予報が変化しやすいので、こまめなチェックが必要です!

オーロラが観られる条件!

1.晴れていること

雲があっては見られません。晴れてて星も見られることが必須!

2.明かりの少ないところ

レイキャビークなどの首都でもどこでも見られるのがアイスランドの凄い所ですが、明かりが強いので写真で撮らないとわかりにくいことが多いみたいです。

僕たちもレイキャビークで運よくオーロラ見えましたが、明かりの少ない場所の方が、肉眼的にも見えやすくなります!

(レイキャビークでオーロラ撮影した際の記事がこちら)

3.運がいい!

太陽の活動によってオーロラが観られるか決まるため、いつ出るかはわからないみたいです。

 

根気よく夜空を見上げましょう笑

カメラを使用したほうが綺麗に観られます!

一眼orミラーレスを持ってくことをお勧めします☆

 

また、肉眼的に観えないのに意外と写真を撮ってみると、写りこんでいることがあります。

白いもやっぽく見えるけど、写真を撮るとオーロラだったということがありました!

カメラの設定は星空撮影の時と同じくM(マニュアル)モード

シャッタースピード:20~30秒

F値:3.5~5.0(一番小さい数値)

ISO:5000~6400

写真が明るすぎる場合はISO値を下げていくことをお勧めします!

あとは山の方など明るくなってくるとオーロラが出てたりします!

オーロラが強くなったり弱くなったりするため、しっかりとしたカーテンみたいなのもタイミングが合えば観られます!

 

アイスランドの風に注意!

先ほどの天気予報のサイト

結構注意してほしいのが青文字の気温の下にある黒文字の数字と矢印

これ、風の予報なんですがアイスランドは風がやたら強い!

 

そして防風林となる木がない(森林伐採により国土の0.3%しかない!!)ので、ブリザードや砂嵐がひどい。

自分で運転する場合などは注意してください!

(砂嵐は南側の海岸沿い・ヴァトナヨークトル氷河周辺地域、ブリザードは冬どこでもあり得る。)

砂嵐に遭遇すると窒息してしまうほどと言われるみたいです。

また、その凄い砂嵐を観光しに来るクレージーな人もいるみたいです。

僕たち1週間いて遭遇はしませんでしたが、天気予報をみて風には注意しました。

ツアーバスも谷底に落ちるほど、風には注意です!

アイスランドのお金

アイスランドは金融立国のため2008年の金融危機でアイスランドクローナ紙幣への信頼が失墜。

そのためクレジットカードでの支払いがほとんど。どこでもクレジットカードを使えます!

僕たちは両替もATM引き下ろしもせず、すべてクレジットカードだけでいきました笑

もし少しでも現金がないと不安という方は、余ったら必ずアイスランド内で両替してから帰りましょう!

 

ちなみにアイスランドの物価は結構高く、水が400円、サンドウィッチが800円などします。1ISK=0.9円(2018年12月)

ガソリンは日本のほぼ2倍、1L=225円ほど。

 

アイスランドの水道水はミネラルウォーターより美味しい

アイスランドでは、ミネラルウォーターを買うほど無駄なものはないと言われるくらい、水道水が美味しいです。

ただ、お湯にすると温泉が出てくるため、少し水を流してから飲むことをお勧めします。

硫黄臭いのと、アレルギー体質の僕は水のせいか全身の掻痒感と軽度呼吸困難感を発症しました笑

 

トイレ探しが意外と難しい

トイレは清潔でトイレットペーパーもそのまま流せますが、観光地などは有料トイレが多いです。だいたい200ISK(190円くらい)。

公共機関すべてにトイレがあるわけではなく、壊れていることもあるためできる所で済ませておくことをお勧めします(トイレ以外の場所で用を足すと罰金になります)

 

レンタカー保険

上記した通り、南側へ観光行く際は砂嵐保険を付けた方がよさそうですが、僕たちがレンタルする際はそんなに必要じゃないと言われました。笑

火山により砂が多いアイスランド、防風林も少ないため一応保険に入っておいてもよいとは思いますが、アイスランドの人がそんなに頻繁に砂嵐などで車が故障しているのかは謎です。

僕たちは砂嵐保険は入りませんでしたが、天気予報をみながら風に注意してすすみました。

SUVが断然おすすめ!

僕は最初2WDのコンパクトカーMT車を借りました。

雪道には慣れているので行けると思っていましたが、見事に心折られました笑

その経緯と詳細はこちらを読んでください

慣れない海外での雪道運転、心に余裕を持つため走行性の良い車で安全運転を!

 

絶景に出会うにはツアー必須!

アイスランドでは大自然を満喫するためにツアーに参加することをお勧めします!

僕たちはguide to Iceland予約!

日本語対応サイトに、24時間前までキャンセル無料のため、天気予報を観ながら直前に天気のいい日をツアー予約。

せっかく高いお金を払って行くため天気のいい日に絶景を観たいですよね!!

氷河の洞窟やオーロラツアーは晴れている方がいいため天気予報を見て臨機応変にツアーを組んだ方が良いです!

サイトでは氷河洞窟(アイスケーブ)ツアーはしっかりとしたハイキングシューズとありますが、歩きやすい靴であればアイゼンをするため滑ることなく、スニーカーで参加してる方もいました。防寒はしっかりした方がいいです!

写真は地球の割れ目シュノーケリングツアー

ちなみに有名な温泉ブルーラグーンは、時間とチケットの売れ行きで5000円~1万円と値段が変動するため早めにとっておいた方がお得です。

お勧めの安宿!

Booking.comにて予約してましたが、レイキャビーク周辺ではVibrant Iceland Hostelがお勧め!

オシャレで綺麗、キッチンも使い勝手よくFreeでガス缶を運よくGET!物価の高いアイスランドではツアー代も合わせるとなかなかな出費。自炊で少しでも節約してました。

二人で37$(4000円弱)。

近くのFKというスーパーは安くて買い物にはいいですよ^^豚のマークのBonusも安くてGOOD!!

氷河を観にヨークルスアゥルロゥン湖周辺へ行くならHofn Hostelがスタッフも優しくきれいで良かったです!

二人で50$(5000円少し)でした。

あとは車中泊とこの宿と空港泊(Wi-Fiもあって寒く無くて意外と快適)にて節約。

 

ガソリンスタンドはWi-Fiがあるところもあればない所もあり、Wi-Fi難民にはなりやすいです。

が、レンタルWi-FiやフリーSIMを使用するほどではありませんでした。

 

以上、アイスランド観光まとめでした!

ι(`・-・´)/ ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村

最期まで読んで頂き、本当にありがとうございます^^ 1日1回、上の画像をポチっと押して頂けると、ランキング順位が上がりますので是非とも応援お願いします! 更新していない日でも押すことができますのでお時間がある方はよろしくお願いしますm(_ _)m