絶海の孤島イースター島でモアイ三昧!第3夜Part2

2019-03-18

Goproを盗まれたあとでテンション下がり気味でしたが

まだ朝一なのでとりあえず観光を続けます!

 

 

ラノ・ララク

やってきたのはこの一番後ろの山

モアイ製造場所のラノララクです!

 

ここには作りかけのモアイから

完成しているけど運び出されず

埋もれてしまったモアイがいっぱいあります

めっちゃ埋もれてる(笑)

 

 

モアイ1体を作るのに30人がかりで1年半かかると言われていますが

驚くべきは同時期に何十体と多くのモアイを造っていたという事実

 

斧・鍬のようなもので石を掘り出していたそうですが

確かにこのモアイを造るのも

運び出すのもかなりの労力が必要だったことでしょう

 

 

ここには正座しているモアイもあります。

このモアイ、初期に作られたものだとか

 

かなり見ごたえのある場所でした!!!

 

ちなみにここはOrongoと同じで一度きりしか入られません。

 

アフ・ナウナウ

ここはビーチモアイがあります!

この海が綺麗でリョ―ケンだけ泳ぎましたが、

魚はあまりおらずシュノーケルにはあまり向いてない様子

そしてここでもシュノーケリンググッツが壊れてしまいました。。。

災難は続くもんですね( ;∀;)

 

一緒に行ったJさんとHみんにGopro盗まれたのをいじってもらいつつ、

徐々に開き直ってきました(笑)

 

二度目のポリスレポート

一通り島を観光したので(レンタカーは1日で十分)

町まで戻ってきた我々は

その足で

 

Goproを盗まれたので

町にあるインターナショナルpoliceのもとへ向かい

ポリスレポートを書いてもらいに行きます。

 

英語が通じる人が一人いましたが、

それ以外の人はスペイン語しか通じません。

 

 

今日の朝、Goproをトンガリキで盗まれて保険の請求をしたいのでポリスレポートが欲しいけど作ってくれますか?

くらいまではカタコトだけどスペイン語で話すことができるようになったリョ―ケン(指さし会話帳だけで独学)

 

次の日、宿まで持ってきてくれるとのことでしたが、

結局持ってきてくれず自分たちで取りに行くことに(笑)

 

カリカリダンス

その夜はイースター島伝統の踊り

カリカリダンスに行くことに!

宿で予約すると1600円とかなり安くなっていたので

これは行かなくてはと参加!

 

火・木・土曜日しかやってないためか

 

満員でした!

 

日本語が話せるイースターの青年に化粧をしてもらい

あかねのは色が薄い( ;∀;)

 

ダンス自体はニュージーランドのハカにかなり似ていてとても面白かったです!

おすすめ!

動画はインスタのホームにアップしてますので観てください^^

 

 

仲良くなった日本人チームで記念撮影(^_^)v

 

ι(`・-・´)/ ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 最期まで読んで頂き、本当にありがとうございます^^ 1日1回、上の画像をポチっと押して頂けると、ランキング順位が上がりますので是非とも応援お願いします! 更新していない日でも押すことができますのでお時間がある方はよろしくお願いしますm(_ _)m