未知の島バルバトス!絶景ビーチでウミガメ&沈没船シュノーケリング!!

2018-12-31

日本は大晦日ですね。

僕たちは南カリブ海クルーズが終わり

茜が風邪をひく→

茜のスマホの画面が割れて使えなくなる→

航空会社spiritが遅延して乗り継ぎが間に合わなそうと思いきやギリギリ間に合う(ドキドキ感が半端なかった笑)→

ニューヨークに着いたけど二人とも荷物が来ない(乗り継ぎした人全員ロストバゲージ笑)

という、なんとも慌ただしい年の瀬となっております。

みなさん、よいお年をお迎えください。(笑)

 

カリブ海クルーズへ行こうと考えている方、いらっしゃったら連絡いただければ紹介特別割引できますので一報ください!

 

詳細は追ってブログにアップしていきますが、

今回はこちら

南カリブ海クルーズ 2日目 7か国目バルバトスへ

 

バルバトスという国を知ってます?

 

はい、僕らも行くまで知りませんでした(笑)

 

事前に調べてみると、

海がとても綺麗で街並みはイギリスのよう(以前はイギリス領)だとのこと。

 

 

これはシュノーケリングをするしかないと

意気揚々に前日プールで泳ぐ練習をあかねはしてました。

 

 

 

各島のツアーは船内でも事前に予約できますが

どれも$25~/人

 

特に参加したいツアーもなかったので自力で散策することに。

海で泳ぐだけなら無料だし(*’▽’)

 

僕たちとしては7か国目に入りました!

バルバトスは寄港場所から徒歩圏内に首都のブリッジタウンと

海亀+沈没船があるブラウンズビーチがあるため、タクシー乗る方がもったいないくらいです。

 

船を降りて激しいタクシー勧誘を振り払い、海沿いにビーチへ向かいます!

 

 

ビーチに着くなりまた勧誘。

どうやら今度はウミガメと沈没船シュノーケリングの勧誘。

 

今は朝で人が少ないから半額プライスの$20/人でいいよと誘われます。

 

泳いでそのシュノーケリングポイントまでは行けないの?

と聞きますが

遠いから無理だよと言われ、

話した結果せっかくだしと結局参加!!!

 

ボートで出発しますが、5分もしないうちに到着

え?泳いで来れるんじゃない(;゚Д゚)?笑

っていうくらいビーチに近い笑

 

確かに泳いできてる人もほんの数人はいたけど、

 

船が何台もいて危ないし

まぁツアーに参加した方が無難そうではありました。

と自分を説得させます(笑)

 

 

海亀探しと沈没船の2か所、1時間のツアー!

 

僕たちと欧米人子連れ家族の二組だけでまずはウミガメ探し。

海に飛び込むとめちゃくちゃ綺麗で透明度抜群!!!

それはアイスランドの大地の割れ目ほどではないけどバハマの海に匹敵するくらい、

ハワイより全然綺麗でした。

水深は10mほど、細長い魚にエイなどがお出迎えしてくれました。

 

ちなみにシュノーケリングセットとライフジャケットは無料で貸し出ししており

泳げないあかねはライフジャケットを借ります。

 

 

ウミガメ運のない我々ですが、

人がいっぱいいる場所へ泳いでいくと、カメが餌付けされてる!!!

しかしすぐに海底へ。。。

 

しばらくして浮上してきますが遠くへ泳いで行ってしまいました。

 

 

船に戻るように指示され、

 

まぁでも近くでウミガメが観れた\(^o^)/

と喜んでいると

船がビーチに近づいていきます。

 

 

そこから5組くらい追加で乗船!

最初からいた僕たちは海亀探しをもう一回行けることに(*’▽’)

 

 

 

600年前の沈没船

次に向かったのは沈没船。

600年前に沈んだらしく、確かに藻とかがすごい

魚も沢山いて海も綺麗でシュノーケリングでも楽しめる深さ(^_^)v

ライフジャケットを着てない方が潜ったりできて楽しいです!

 

 

他の大勢の客も途中までいっぱいいましたが違うとこを泳いでいます(?_?)

船に上がった後聞いてみるとウミガメを探していたと(笑)

 

ガイドさんがここにはいないよーと話して、

さっきと同じ場所に向かって再度海亀と泳ぎます。

 

 

 

 

人が多すぎて上手く映らず、朝一の方が人が少なくてちょうどいいかもしれません。

そんなこんなで1時間30分くらいツアーに参加しビーチに到着。

 

40ドル持ってなかったため銀行に行き80バルバトスドルをおろして支払い

そのまま街中へ。

 

 

バルバトス・ブリッジタウンはカリブ海諸島のなかでも栄えているらしく、

 

通りにはめちゃくちゃ多くの人!

まるで原宿!!

 

海外らしい風景をたのしみながら船に帰ります。

 

イギリスっぽい?ブリッジ

ウォールアート

魚を売ってるマーケットに

可愛い街並み

 

疲れたのであとは

ご飯を船で食べて昼寝。

 

食っては寝て。極楽か。

 

 

ディナーレストランの会場では席が決まっており、

1週間専属のウェイターとアシスタントがついてくれます。

 

 

僕たちの席はモンテネグロのケナブさんとウクライナのけうぃる#〇$×???名前が難しくて発音できない(笑)

 

色々と話しながら豪勢な夕食を頂き今日は早めに就寝しました。

ι(`・-・´)/ ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 最期まで読んで頂き、本当にありがとうございます^^ 1日1回、上の画像をポチっと押して頂けると、ランキング順位が上がりますので是非とも応援お願いします! 更新していない日でも押すことができますのでお時間がある方はよろしくお願いしますm(_ _)m