ブータン3日目~国立博物館・ゾン・民家訪問~

2020-03-22

 

さて、寒いブータンを思いっきり実感した昨夜でしたが

朝起きてみると

ん???なんか体が重い。。扁桃腺も腫れているしちょっと風邪っぽい感じたあかね。

 

今日はタイに戻る日なのですがお昼過ぎの便なので

午前中からパロの観光へ。

 

風邪は気のせいだと信じて準備し、

オプションで頼んでいたブータンの民族衣装を着せてもらいました。

似合ってる??(笑)

 

まずは眺めのいいブータン国立博物館へ。

ここにはブータンで行われるお祭りで使われるお面があったり、

ブータンで有名なお花や動物たちなども紹介されていました。

写真は撮り忘れました(笑)

 

 

お次は近くにあったゾン。

ここはtheチベット建築といった美しい建物がみれました。

 

もうこの時点であかねは発熱、歩くのもやっとで

何度も車で寝てようかと思ったけどせっかくなかなか来れないブータンに来たのに( ;∀;)

と必死に歩いて目にだけ景色を焼き付けておきました。

説明は全く聞けてません。写真もりょーけんに託しました。。

近くでみると、ほんとに『要塞』

高台にあるんですけど、結構田舎

 

造りは豪華!

お坊さんがここに住んでます

 

あの世を表した絵

輪廻転生の6道を表し、その教えをゲンさんは丁寧に教えてくれました

 

そのあとは楽しみにしていた民家訪問!

ブータンの現地の人の生活。気になる~♪わくわく

 

ここはなんとか解熱剤に風邪薬を一気に飲み、気合で元気に!

大きなおうちで家の中にお祈りの部屋があったり、

バターでできたろうそく。

カラフルですが、これ全部バターでできてるんだって!

 

 

民泊できるように部屋も貸してるみたいでした。

 

かまどがあったり、どこか日本の古民家に似てます。

おばあちゃんの家に来たみたいな懐かしい気持ちになりました。

屋根裏?屋上にいくと(野外みたいなもの(笑))

天然の食料用貯蔵庫~!

豆やトウガラシなど乾燥させて保存食にされてました。

 

あとはブータンの伝統的な石風呂。

風邪ひいていたのでやりませんでしたが、

石を熱々に熱してお湯に入る感じです。

(これもオプションで入れます)

 

と見学していると良い匂いが~♡

リビングにお邪魔すると現地の女性たちが。

彼女たちは畑で働いているそう。

まずは可愛い女の子がバター茶をくれました。

これがブータンの有名なバター茶

バターの香りにやや酸味があって

私はちょっとごくごくいけなかったけど

りょーけんはお替りしていたよ。

 

 

お昼をご一緒させてもらいました。

・ほうれん草と牛肉のピリ辛炒め

・チーズマッシュポテト(これめちゃめちゃおいしかった♡)

・白唐辛子チーズ

(今までの恐怖の辛さと違って白唐辛子は辛さ控えめで美味しかったみたい)

あかねは辛いの無理なのでチャレンジすらせず。(笑)

 

ブータン語は話せないですが英語は分かるので

日本の伝統的な着物姿の写真を見せたりしながら

お互い年齢当てゲームして楽しみました♡

最後に写真撮ろう~っていうとみんな化粧してないからだめー!

と恥ずかしがって逃げていっちゃった。。

 

ご飯をサーブしてくれた女の子とお母さんとだけ一緒に撮らせてもらった。

 

おじゃましました~

美味しいご飯をありがとう!

 

現地の人との交流、生活をみせてもらうと本当に色んな生活の仕方があるんだな~って

怖い顔している人、いじわるな人なんて1人もいなくて

某国のように荷物を盗む人なんかもいなくて

みんなニコニコしていてこっちまで幸せもらいました♡

 

私もあの人たちのようにみんなに優しくしないとな~

 

 

ということで風邪は引きましたが大満足な2泊3日のブータンツアー!

空港に向かい予定通り定刻でタイへ戻りました。

 

今回は冬のシーズンオフのブータンだったため

タイからのツアーの選択肢がなく、『西遊旅行』さんでツアーを申し込みました。

が結果完全にプライベートツアーですし、ガイドのゲンさんは日本語堪能で優しくて時間厳守で

とっても大満足でした◎

 

最後に気持ちでチップをお渡しさせてもらいました。

 

この後もしばらく2人して風邪で苦しみますが、これはブータンで悪を取り払うための修行を頂いたと理解し

戦うのでありました。

 

 

みなさんもなかなか日本からの直行便もなく、観光税も高いブータンですが

是非少し昔にタイムスリップしたかのような幸せいっぱいのブータンに訪れてみてください!!

ブータン ガーディンジェ(ありがとう)