ブエノスアイレス観光まとめ。行き方・費用

ブエノスアイレスではリオのカーニバルへ行く前に、

黄熱病の予防接種をするためによりましたが無料で打つことは難しいことが判明し、

またお金を払っても違う病院に行ったりなどややこしかったのでブラジルで打つことにしました。

 

 

そんなこんなで黄熱病に振り回されましたが、

せっかく来たからには観光したい!!!

 

ってことで行ってきました(‘◇’)ゞ

 

ブエノスアイレスでの観光名所

ブエノスアイレスで有名なのが、

ライオン・トラなどと触れ合えるルハン動物園

スラム街のカラフルな街ボカ地区のカミニート

ブエノスアイレス最古のコーヒーショップ café Tortoni

世界で二番目に美しい図書館

 

日帰りウルグアイ観光

 

ぼくらは上記の中のウルグアイ以外を行ってきました!!!

本当はウルグアイ行きたかったんですが、

アルゼンチンの祝日と被ってしまい大混雑( ;∀;)

 

 

チケットはネットでは空いてるようになってるけど予約確定できず、

店に行ったら2日後にしか空いてなかったと情報を貰ったので諦めました。。。

 

 

 

以下詳細します!

ルハン動物園

世界一危険な動物園として有名なルハン動物園

 

何が危険かと言いますと。。。。。

 

 

なんとライオンと触りながら記念撮影ができるんです!

他にもトラなど、自分が触りたい動物がいたら係員さんにいえば檻の中に入れてくれます。

 

そこまで動物園は大きくないですが

 

僕たちは閉園までの2時間じゃ足りないくらいでした( ;∀;)

ライオンの赤ちゃんと触れ合えます。

近い近い

いたずら好きなのでとびかかってきたりします

写真撮影時間もあり

かわいい♡

ライオンの赤ちゃんは犬と一緒に育てられています。

なので自分のことを犬と思っているそうな(笑)

 

トラの檻は迫力ありすぎました!!!

18歳以下は入れないとの表示もあるくらい。

めっちゃこわかった~(笑)

 

インコもいます

 

ゾウとも触れ合える!!!

ポーズも決めてくれますし、ご飯もあげられます。

この子は35才の女の子

3人で決めポーズ

ラクダとも撮れます

 

このラクダの子供が日本に居るらしい?

 

アザラシもいました。暑そう(;’∀’)

 

 

フラミンゴもいっぱい!

他にも

クマやヤギや鹿やらシマウマやらいっぱいいました!!!

 

 

ルハン動物園の行き方・ブエノスアイレス市内の移動方法

ブエノスアイレスの観光に必要なのはSUBEという電子カード

 

日本でいうSuicaやPASMOのようなものです。

 

 

バスや電車で使えます!

 

 

購入に82ペソ(250円程度)かかりますが、

 

何人でも使いまわすことができますのでグループで1枚あれば十分です。

 

電車は1律16.5ペソ(50円)で乗り換えに追加料金は必要ありません。

 

 

SUBEは地下鉄の入り口かSUBEマークのあるキオスクで買えます。

 

チャージも店員さんに言えばしてくれます。

値段をちゃんと確認しないと少なくチャージされることもあるみたいです!

 

 

チャージの機械もありますが僕らが行った時は全て故障しているのか?

 

現地の人も機械でチャージはしていませんでした。

 

ルハン動物園に行くには

バスの出ているPlaza Italyまで地下鉄で移動してください。

 

地下鉄を出てサルミエント通りのところすぐにバス停があり

 

 

57番のバスに乗る必要があります。

 

全てがZoo ルハンに行くとは限らないので運転手に聞きましょう。

 

 

1時間ごと、00分発です。

 

ルハン動物園まではバスで1時間ちょっとかかります。

 

 

片道127ペソですが、このバスの値段はしょっちゅう変動するので

 

多めにSUBEにチャージしておく必要があります。

 

 

ルハン動物園周辺にチャージするところはないため注意です。

 

 

僕らもネット情報より多めにチャージしたけど結局足りず、

 

乗客のおばちゃんの持っていたSUBEで足りない分を払ってもらい、

 

現金でおばちゃんに返しました。

 

 

ちなみに、SUBEは-30ペソくらいまでは足りなくても乗れます。

 

-30ペソと記録されるので、次にチャージする際は30ペソ多めにチャージする必要があります。

 

 

 

電車・バス合わせて300ペソ近くはチャージしておきましょう。

 

SUBEを作ると-82ペソされているので、

 

最初にSUBE作る際は400ペソ出してチャージもしておきましょう。

 

 

 

 

ルハン動物園自体は900ペソ(2700円)と、年々値上がりしてますので参考程度に。

 

クレジットカードは使えなさそうでした。

 

 

あとはライオン・トラと写真撮った際は

 

15~20ペソ程度のチップが必要です。

 

僕たちは15時のバスに乗って16:10着、

 

18時閉園

 

18:15のバスに乗りPlaza Italyに19:30くらいに到着しました。

 

帰りも00分、57番で動物園前出発なので乗り遅れないように気を付けてください。

 

Buenos Aires最古のコーヒーショップ

 

Buenos Airesに160年前からあるというcafe tortoniはアインシュタインなどの著名人も通ったほどの有名店

中がおしゃれ

ホットチョコレートとチュロスは3本付きで190ペソ(600円程度)

 

美味しいコーヒーとクロワッサンももらいました!

 

15時くらいですが、かなり混んでました!

この上の写真が当初の写真らしいです。

 

 

カミニート

こちらはボカ地区というスラム街にある観光地

 

ホテルや現地の人には本当に注意した方がいいと言われました。

 

観光地から300m離れてない路地でアメリカ人が殺害されたこともあるそうです(;’∀’)

観光場所のカラフルな街以外は気を付けた方がいいです。

 

バスは10番と70番などの番号が向かいますが、

グーグルマップで調べた方が最寄りが出て早いです!

 

僕たちの時は大統領が来ていて道が封鎖されバスが来なかったのでタクシーで向かいました。

 

 

タクシーもスラム街を避けて少し遠回りして海岸沿いを行ってくれますが、

 

僕らの場合は反対方向に行こうとしたりしたので運転手任せにせずマップでしっかりみながら向かった方がいいです。

 

観光客は多いため路地に入らなければ大丈夫そうです。

 

世界で二番目に美しい図書館・エルアテネオ

これは街中にありますが

バスでも電車でもアクセスしやすい場所にあります!

劇場・映画館と経て現在は本屋となっています。

Goproだと綺麗に撮れます!!!

 

ブエノスアイレス市内から国際空港までの行き方

 

バスかタクシーに限られます

タクシーは日本と比べれば安い方ですが、空港までは1時間ほどかかるため3000円近くかかります。

 

バスは街中で予約して乗るライオンは一人1000円、一時間弱で乗れます。

 

 

100円で空港まで行く方法

 

僕らのお勧めは市内バスの8番!!!!

このバスは10分おきくらいに走っていますが、30分おきに特急が走っています。

 

乗り降りする場所が限られますが、

 

空港まで1時間で35ペソ(100円程度)でいけます(笑)

 

 

このバスは大きな荷物も載せていいため、

 

安くて快適に空港まで行けます。

 

乗り場所がわかりにくいですが、

 

 

僕らが泊ったヒルぺールホステルの目の前がバス停です

 

一泊1000円しないけど朝食付き、綺麗

 

立地がかなりよく、夜間も周辺は安全

 

Wi-Fiはサクサク、スタッフは優しくコピーも無料

 

キッチンも不自由なく使えます。水道水は少しまずいかな?

 

 

 

シャワーはバルコニーのある共同スペース近くの一つしか暖かいシャワーが出ません。

 

あと泊っている客が結構モラルない(夜中2時に電気つけたり歌いだしたり携帯マナーモードにしなかったり。多分そういう文化だからしかたない)

 

という二つ以外はかなり良かったです!!!

 

 

 

ちなみに空港から市内へは、ターミナルAとCの間にバス停があるのでそこから乗れば100円でいけます。

ただし、SUBEを買えるかはわかりませんでした。

 

ターミナルC内にチャージする機械はありましたが。。。

 

ι(`・-・´)/ ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 最期まで読んで頂き、本当にありがとうございます^^ 1日1回、上の画像をポチっと押して頂けると、ランキング順位が上がりますので是非とも応援お願いします! 更新していない日でも押すことができますのでお時間がある方はよろしくお願いしますm(_ _)m